パパママとスケートに行ったよ

久しぶりに早く帰ってきたパパママとあーちゃんはスケートに行きました。駅の近くに特設リンクがあり、そこで夜遅くまで楽しみました。初めは手を引いてもらって滑っていましたが、少しずつ自分でも滑れるようになり、とっても楽しかったそうです。

次の日曜日、この間のスケートがとっても楽しかったあーちゃんは、スケートに連れてってほしいとごてています。実は昨年も、同じようなパターンでスケートに行っています。2回目はパークの広いスケート場で、一人で何とか滑れるようになり、トナカイ型のサポート遊具を使って楽しんだりしました。きっとその記憶がよみがえったのだと思います。

じいじとスケートに

そこでお仕事の入ってしまったパパママの代わりに、じいじが広いスケート場に連れて行くことにしました。でもあーちゃんは体調が今一つよくありません。咳も出ています。

「今日はおうちで遊ぼうよ」

「スケートは今度にしよう」と言っても

「いやー!スケート行くうー!」と聞き入れようしません。

まあ、滑り出したら、少しぐらい体調悪くても大丈夫かと思い、連れていくことにしました。頼まれるとすぐに甘やかしてしまうじいじでした。

広いスケート場で、たくさん楽しみました。帰るころには自分一人で滑れるようになり、ご機嫌のあーちゃんでした。

その夜、疲れたのか元気のないあーちゃん。おでこをさわると…

熱があります。明日の保育園はお休みしないといけないかなあ。無理して連れて行ったことを後悔したじいじでした。