保育園おやすみだよ

新型コロナウィルス感染症にかかる緊急事態措置が発令され、保育園はやむを得ない場合に受け入れる特別保育になるというお知らせが来ましたので、しばらく休むことにしました。ということであーちゃんはじいじと過ごす時間がとっても長くなってしまいました。それはそれで嬉しいのですが、体力はちょっと心配です。

そんなあーちゃん。黙っていると朝から見たいテレビをずーと見ています。テレビにも飽きてくると、今度はおもちゃを片っ端から出してきます。相変わらずお片付けはへたくそです。

そうだ、体を動かす遊びをしよう!

まずはお片付けから。ちょっとしかない部屋の空間を少しでも確保です。

そして100円均一で買ってきたおもちゃを出してきて、どれで遊ぶかあーちゃんと相談です。的当て、バドミントン、吸盤のついたボールでキャッチボール、プラスチックバット、そしてなわとび、バランスボールなど、家にあるものぜーんぶ引っ張り出してきました。

初めに取り出したのは、バドミントン。気持ちは打ち合いをしているところを思い描いて始めたのですが、ラリーは長く続きません。3回も続けばすごーい!と大喜びです。

次は、バットを出してきてバッテングです。ボールは何にしようかといろいろ試してみました。吸盤ボール、風船などなんでも打ってみました。

的当てもしましたが、慎重に的をめがけて投げる遊びより、思いっきり体を使える、バットやラケット、そしてバランスボールを使ったボールつき(ドンツーと呼んでいます)を喜んでしました。

やっぱり体を動かす遊びが大好きです

子どもは体を動かす遊びを通して、バランス感覚、ボールとの距離感、いろいろな道具を使うことに慣れていくのだなあとつくづく思います。さあて、明日はどんな遊びをしようかなあ。