JCCA代表紹介

小松晃子

JCCA代表理事
(株)小松教育コンサルティング代表取締役
日本LD学会特別支援教育士スーパーバイザー

22年間に及ぶ教諭経験の後、京都市総合教育センター研究員、京都市教育委員会総合育成支援課指導主事、発達障害支援室副室長、生徒指導課首席指導主事、主任子ども支援専門官、教員養成支援室専門主事等を16年間に渡り歴任。また、幼稚園児、小学生、中学生、高校生におけるいじめ問題、愛着障害、発達障害、不登校など、あらゆるケースへの対応経験が評判を呼び、保護者の方々へのカウンセリング、アドバイス、教育関係者へのコンサルティングや、PTA、警察、大学等における講義、講演活動をおこなっている。

小松義典
JCCA理事
(株)小松教育コンサルティング取締役副社長

小学校教諭、教育委員会指導主事を経て、小学校教頭、小学校校長を務める。37年間に及ぶ在職の中で、子供達特有の悩み、不登校問題、家庭で生じる諸問題への対応を経験する中で、自己肯定感を高める教育への重要性を痛感し、代表と共に、保護者の方々へのカウンセリング、教育コンサルティングをおこなっている。
また、子供の発育と発達心理学を踏まえた適切なコーチング、子供の能力に応じたエクササイズのノウハウを習得し、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定キッズコーディネーショントレーナーの資格を取得。その知見を生かした発育指導をおこなっている。

PAGETOP